Alla Marca

丹波篠山市マタニティマッサージと産後骨盤ケア

妊娠5ヶ月、トキソプラズマ感染?

妊娠5カ月、血液検査の結果をききに産婦人科へ。

「うん、問題ないね。…あれ、トキソプラズマひっかかてるね。」

 

トキソプラズマ抗体 IgG判定(+)!!

ん?トキソプラズマ?なにそれ、怖いの!?

妊婦のトキソプラズマ感染について

母子感染の予防と対策より引用

先天性トキソプラズマ症とは
妊娠中に初めてトキソプラズマに母親が感染する結果起こる。
妊娠末期ほど胎児への感染率は上がる。妊娠初期の感染ほど重症化しやすい。

胎児が感染した場合
死産、流産、水頭症、脈絡膜炎による視力障害、脳内石灰化、精神運動機能障害など。出生時に無症状でも、その後成人となるまでの間に症状を呈する可能性がある。

NIID国立感染症研究所 妊婦さんおよび妊娠を希望されている方へより

考えられる原因

鶏の糞かなぁ?思いましたが、フンにトキソプラズマが含まれるのはネコ科の動物だけだそうです。
それ以外の原因としては、レア状態の肉の摂取や家庭菜園です。
妊娠中の土いじりが危険だなんて。知らなかった… ちゃんと手袋をしていれば大丈夫そうですが、どうしても土に触れてしまいます。田舎暮らしだと、結構難しいかも。

再検査の結果

もしトキソプラズマに感染していたら… 
すぐに再検査になり、重い気持ちで1週間後に結果が分かりました。

IgG抗体が194→173

・IgG抗体はIgM抗体より遅れて出現し、1~2ヶ月でピークを示し数ヶ月~数年にわたり陽性を示します。 FACO臨床検査案内サイトより

 判定は(+)でしたが、抗体値が減少しており現在は感染状態ではないので心配ない。感染状態ならもっと数値が上がっているそうです。感染時期はなんとも言えないとのことでした。
念のためIgM値を再検査中ですが、心配はなさそうで一安心。

 

 トキソプラズマ感染予防

3人目の妊娠で初めて知ったトキソプラズマ感染。
生肉や生卵、生魚さえ食べなければいいと思っていましたが、それ以外にもできる感染予防があります。妊娠中、これから妊娠を考えている女性にはぜひ知っておいてほしいと思いました。

1.トキソプラズマに感染している肉を生で、または十分に加熱しないで食べること
レアステーキ、ユッケ、馬刺し、鶏刺し、生ハム、サラミ、生乳なども感染源になり得る。また肉を切った包丁やまな板で生野菜を調理する事にも感染の危険性がある。

2.土いじり
土や砂には、ネコの糞から出て来たトキソプラズマのタマゴ(オーシスト)が含まれている可能性がある。タマゴは1年以上感染力を有している。水より比重が軽いので、雨の後には土の表面に浮き上がってくる。素手での砂場遊びやガーデニングは避けましょう。

3.トキソプラズマに感染しているネコの糞に触れること
ネコの糞に直接触れることがなくても、糞に汚染された土や砂からも感染する危険性がある。飼いネコのトイレ掃除はできるだけ避ける。避けられない場合はマスクや手袋を着用し、終了後しっかりと手を洗う。
ネコは全身を舐めるため、キスなどのスキンシップも避けた方が良い。
ネコを捨てる必要は決してない。また、ネコ科動物以外のペットからは感染しない。
 

NIID国立感染症研究所 妊婦さんおよび妊娠を希望されている方へより

妊娠したからといって、猫ちゃんを捨てないでくださいね! ルールを守れば一緒に暮らせます。 

自分のため、おなかの赤ちゃんのため、家族のためにも。妊娠中に必要な知識っていっぱいあります。
今回は、陰性で「良かった~。」だけど、「知らなかったから」という理由で悲しい結果になっていたらと反省するばかりです。
「自分は大丈夫。」とどこか高を括っていたかもしれません。心配しすぎると、外に出るのも怖くなりますが、妊娠期間、侮るなかれ。

自分を大切にしながらお腹の赤ちゃんも大切に育てないとですね。