Alla Marca

丹波篠山市マタニティマッサージと産後骨盤ケア

妊娠報告と夫の入院

f:id:alla_marca:20201126114246j:plain3人目を妊娠しました。来春、出産予定です。

妊娠初期は強い疲労感と眠気、息苦しさに悩まされていましたが、無事、安定期に入り体調は安定。鶏との散歩や焚火やら外で作業することが多く、かなり足腰を使っているせいか腰回りの安定感が今までで一番良い!
妊娠中の筋力大事です。

さて、そんな嬉しい状況の最中、夫が大けがをしてしまいました。
裏山の木を伐採中に倒れてきた木に吹っ飛ばされ、手首と肋骨骨折。
脳震盪でしばらく意識がなかったらしく、救急車での搬送となりました。

木の切り方は相当難しいのに素人が安易にやってしまった結果です。
木は生き物。どんな倒れ方をするか分かりません。経験を積んだ方でも危険だといいます。

チェーンソーが体に当たらなくて良かった。
木の下敷きにならなくて良かった。
飛ばされた場所に危険なものがなく、落ち葉でふかふかで良かった。

とにかく死ななくて良かった!
そんなレベルの事故だったみたいです。

救急車の音に近所の方も駆けつけてくれて、子どもたちを預かってくれたり何かと助けてもらっています。

本日午後から手首の手術で明日には退院。やっとほっとできる~と思っていたら、昨日になって肩甲骨の一部(烏口突起)の骨折が判明。
当初、レントゲンで写らなかったため打撲という診断でしたが、あまりの痛さに訴えたところCTで骨折が分かりました。でも、烏口突起骨折は症例が少ないそうで手術日が未定という… 
担当医師も手術経験がない部位だそうで不安。不安しかない…

 

妊娠中の夫の事故、やっぱり精神的にキツイです。
子どもたちも、救急車が来てケガで動けないお父さんが運ばれていく姿を見て大泣き。
この子たちのためにもしっかりせな!と思うけど、やっぱりイライラしてそわそわして。ちょっとしたことで怒ってしまっています。

妊娠中だというのに健やかな精神状態とは程遠いですが、ただただ無事に手術が終わるのを祈るだけ。夫は両手がしばらく使えず要支援。当分、大変な状況が続きます。妊娠後期じゃなかったことが不幸中の幸いかな。いや、生きててくれてよかった。


家の改装工事は12月に入ってからに決まりました。
丹波篠山での初めての冬。私、妊娠中。夫、大けが。えらいこっちゃです。