Alla Marca

丹波篠山市マタニティマッサージと産後骨盤ケア

骨盤ケアで出会う謎の存在と筋膜リリース

妊婦さんの骨盤ケアでお尻のあたりの筋肉に触れていると、「なぜここに骨!?」とあるはずのない存在に出会うことがあります。

f:id:alla_marca:20200220131240p:plain
座骨結節と仙骨をつなぐ仙結節靭帯とお尻の大きな筋肉である大殿筋が癒着します。

1post.jp

特に仙結節靭帯はとても硬くなっていて、これが骨のように感じられていたようです。

f:id:alla_marca:20200220121933j:plain原因の1つが悪い姿勢。
骨盤が後傾した状態で、長時間椅子に座るなど、同じ姿勢が続くと筋肉や靭帯が硬くなって癒着が起こり、腰痛やお尻の痛みを引き起こします。

筋膜自身はコラーゲンでできており、85%が水分です。水分の枯渇やストレス、同じ姿勢での長時間作業(パソコンやデスクワークなど)、筋肉の柔軟性の低下などにより、筋膜同士が癒着してしまい、筋肉自体の動きを阻害してしまいます
筋膜リリースとは

こういった姿勢は内閉鎖筋と肛門挙筋、腸骨尾骨筋といったおまたの筋肉も癒着してしまいます。
すると骨盤底の機能低下が起こります。骨盤底筋は子宮やその他の内臓を支える役割をしているので、切迫早産や尿漏れに関係してきます。

 

お尻の痛み、腰痛。筋肉の癒着を解消

マタニティ骨盤ケアで筋膜リリースをします。
筋肉・靭帯をもとの状態にすると、骨盤の後傾も改善しやすくなります。
でも、癒着した筋肉はなかなか戻ってくれないので、骨盤まわりや脚にも関連した部分を探して絡まった紐を解くような丁寧なアプローチが大事です。

体の繋がりを感じながら、がんばってる体をケアするとふと応えてくれたりするのでフシギです。

セルフ筋膜リリースの方法

  • 姿勢が悪い
  • お尻がだるい
  • 腰痛、骨盤痛が治らない

ストレッチや痛い部分を温めても、筋膜の癒着があると症状は改善されにくいです。
まずは筋膜リリースからはじめると効果的。

f:id:alla_marca:20200220132621j:plain
タオルを2重に結んで、お尻に当て体をごろごろすると自分で筋膜リリースができます。
痛すぎるとNGなので、気持ち良い部分を探してごろごろしてみてください。

MENU

f:id:alla_marca:20191111102344j:plain

マタニティコース

f:id:alla_marca:20191111102259j:plain

ママコース

f:id:alla_marca:20191111102447j:plain

スクール

〒 669-2521 兵庫県丹波篠山市二ノ坪375

open.サロン移転準備中
tel. 000-0000-0000

WEB予約お問合せフォーム