Alla Marca

丹波篠山市マタニティマッサージと産後骨盤ケア

妊娠中の姿勢変化と腰痛

f:id:alla_marca:20201008112736j:plain

妊娠中はおなかが大きく重くなるにつれて、体の重心位置は前へ下へ移動。
その代償として、姿勢に大きな変化が現れます。

f:id:alla_marca:20191224113853j:plain ①腰椎前彎・仙骨前傾増強
めちゃくちゃ腰を反っている姿勢

f:id:alla_marca:20191224114003j:plain ②胸椎後彎増強・腰椎の平坦化・仙骨前傾減少
猫背&腰が後ろに丸まっている姿勢。

個人差はありますが、だいたいこの2パターンかと思います。

これだけ姿勢が変化すると、腰や背中に痛みが出るのも仕方ありません。

でも、仕方ないで済ませられないほど痛いんです。腰が痛くて歩けないので日常生活もままならないほど。QOLだだ下がりです。
妊婦さんの半数以上が腰痛を経験し、出産後も腰痛が継続する場合が多いと報告されています。
参照:産後女性における骨盤痛と骨盤アライメントの関連性

フランスでは妊産婦に対する運動療法アプローチの普及により、出生率が上昇したとの報告がある

引用:妊産婦における経時的な脊柱アライメントの変化

運動療法、大事です!

先日も母が、腰が曲がって足を引きずっていました。完全に②の姿勢です。

姿勢の変化で硬くなった背中やお尻、脚の筋肉の緊張をゆるめ骨格を整えてます。
インナーマッスルが働いていないと、また元の悪い姿勢に戻ります。インナーマッスルを活性化するエクササイズを一緒にしました。
その日は、まだ少し痛そうでしたが、翌日に電話で「歩けるようになったよー」と嬉しそうに連絡がありました。

おなかが大きくなっても姿勢を保つためにマタニティケア、マタニティエクササイズはぜひ取り入れてくださいね。

 

MENU

f:id:alla_marca:20191111102344j:plain

マタニティコース

f:id:alla_marca:20191111102259j:plain

ママコース

f:id:alla_marca:20191111102447j:plain

スクール

〒 669-2521 兵庫県丹波篠山市二ノ坪375

tel. 079-506-9074

WEB予約お問合せフォーム